2020/1/19 岩宇土山 福寿草

2020.01.20 Monday

0

     

     

    2020/1/19 福寿草

    今年(令和2年)も春を告げる福寿草が咲きました。

     

    暖冬?とはいえ、、単に「暖冬」だから山野草も早く咲く!?わけでもなく・・

    やはり自然の流れに乗り厳しい寒さを浴びて、そののちの気温の上昇とともに動き出すものだろうけど・・・

     

    こちら中〜南九州の福寿草は例年、年越しあたりから咲きはじめるので

    昨日1/19に熊本県の岩宇土山に行ってみた。

     

    九州も各地に福寿草の名所はある(熊本の仰烏帽子やここ岩宇土、また宮崎の紋原、大分のくじゅう各所)

    のだけど登山口側のセリバオーレンも気になり五家荘、久連子にむかう!

     

    本日はソロなので自由きままに散策気分!♪♪

    見たいのはやはり雪に包まれながら健気にアメ色に輝く福寿草だが

    今年の気象状況からしてあまり雪は望めなく・・でも葉を従えはじめた福寿草は好みではないので急いで

    行ってみた。

    夕方からは仕事の打合せもあるので今回は久連子岳や通過点の岩宇土ピークはパスして

    直接、オコバ谷(白崩平)を目指すつもりが・・

    またまた「病気」が出てきた!(笑)

     

    ヘロヘロ、ゼイゼイ登っていると・・

    もうずいぶん前の事だけど、ここオコバ谷が大崩壊した時期があり・・

    (今も進んではいるが)

    上福根&岩宇土ピーク分岐から通常のオコバ谷の白崩平へ谷左岸を下らず

    左の植林帯をまっすぐ抜けた事がある。
    その時の事、何ヶ所かフラット気味な雑木林も通ったのだけど・・
    なんと、なんと足の踏み場もないくらいの「福寿草群落地」だった。
    ここ岩宇土はどこに咲いていても不思議ではないので(実際に登山道界隈にはあちこち咲いている)
    当時を思い出し白崩平手前からソロをいい事に入ってみる事にした。
    白崩平は何度もお伺いしていたし、、当時のあの大群落が忘れられず・・
    咲いてました!!(^^)
    なかには葉も出始めた株もあったり・・
    ただ雪割りでもなければ、、日差しも当たらないお天気なので小ぶりではありましたが
    昨今の異常気象にもめげず、、頑張って咲いててくれました。

    登山口には先行の熊本NOの○ムニーさん号や鹿児島NOの○コさん号も止まっていたが

    さて白崩平はいかがだったのでしょうか、、ここは白崩平とは標高は同じくらいなので
    一杯咲いていたことでしょう!

     

    さぁ元日草とも呼ばれる「福寿草」にお逢いしたあとはセリバオーレンも様子を見て帰らねば・・

    と下山を急ぐが、、道なき道は相応に足腰にくるのでそうそう急げないのだがなんとか仙道に抜けオーレンの

    様子を見に行きましたが、、あれま!残念、、花はまだでした。

    株は数箇所見受けられたので2~3月にはお花を愛でられるでしょう!(^^)

     

     

    (画像には福寿草しか載せてませんがいつものポケットに入るサイズの

    コンパクトデジカメ画像なので画質のほうはご容赦の程を・・)

     

    私の地元(県民の森)のセリバオーレンや多良山系のオーレンもすでに

    咲いているとの事・・

     

    スプリングエフェメラルの花々が咲き始めました。

    くじゅうのセツブンソウ(自生ではないですが)咲いたようですね!

    今年も野山の花達に逢えるといいですね!

     

     

    では

    コメント
    コメントする